Home > 必要経費にできるもの > 自宅兼事務所でも地代家賃を経費にすることはできる

自宅兼事務所でも地代家賃を経費にすることはできる

個人事業主であれば
自宅を店舗として、事務所として、あるいは工房として
使用している方も多いと思います。
私自身も自宅兼事務所にしています。
この場合でも地代家賃を按分することで経費にすることができます。

事務所や店舗を借りた場合

家賃や共益費、礼金、仲介手数料はすべて経費にできます。
家賃や共益費は「地代家賃」
礼金は20万円未満なら同じく「地代家賃」として一括経費にできるのですが
超えてしまうと資産扱いにしないといけません。(繰延資産)
5年間もしくは賃借期間で減価償却する必要があります。
勘定科目は「長期前払費用」です。
敷金は基本的に戻ってくるものなので、経費にはできません。
仲介手数料は支払い手数料として経費にできます。

賃貸で自宅兼事務所として使用する場合

毎月の家賃や共益費に仕事で使用している割合をかけて、
経費計上できる分を算出します。

例えば、家賃と共益費が7万円、自宅の30%を事務所として使用しているのであれば、
70,000✕0.3=21,000円が経費として計上できる家賃分です。

事業で車を使用しているのであれば、月極の駐車場代なども地代家賃に含まれます。

ここで重要なのは、オフィスには仕事で使用している物以外は基本的に置かない!ということ。
(税務調査がきた時につっこまれるので…調査時にはきっちり分けておきましょう)
そして基本的には、床面積で按分を決める、ということです。

ローンが残っている持ち家(マンション)を自宅兼事務所として使用する場合

元本部分は経費にはできません。
ただし、減価償却費、住宅ローンの金利、固定資産税、火災保険料、管理費、修繕積立金は
経費にできるので
こちらも事業分の割合を掛けて経費にできます。

ただ、住宅ローン控除を受けていた場合は注意が必要です。
控除に関しては

新築又は取得をした住宅の床面積が50平方メートル以上であり、床面積の2分の1以上の部分が専ら自己の居住の用に供するものであること。

No.1213 住宅を新築又は新築住宅を購入した場合(住宅借入金等特別控除)|所得税|国税庁

という風に要件が決められているので、床面積の半分以上が事業用割合になってしまうと
控除が受けられてなくなってしまいます。

帳簿の付け方

家事按分で処理をします。
方法はこちらで。
水道光熱費や家賃は根拠に基づいた「家事按分」をしよう

簡単操作で楽ちん!バックアップもおまかせ「やよいの青色申告オンライン」を使ってみませんか

今から始めるなら、ソフトインストール型ではなく、インターネットさえ使えればどこでも利用できるオンライン版「やよいの青色申告」がおすすめ。こちらはMacでもWindowsでも使え、クレジットカードや銀行明細を自動で取り込んでくれるので、本当に楽ちん。

画面操作も初心者向けになっていますし、自動バックアップもとってくれるので安心して使えます。

2017年3月16日のお申込み分までキャンペーン実施中!!

  • 無料プラン <2ヶ月無料>←青色申告決算書/確定申告書Bの作成ができない
  • ◎人気◎セルフプラン <8,640円→初年度0円!>←青色申告決算書/確定申告書Bの作成ができる
  • ◎おすすめ◎ベーシックプラン <12,960円→初年度半額!>←青色申告決算書/確定申告書Bの作成ができる/電話・メールサポートあり
無料プランは2ヶ月無料ですが、大事な決算書や確定申告書Bの作成ができません。セルフプランは、現在初年度無償キャンペーン中なので、一年間はすべての機能が使える上に0円!次年度更新時には、更新手続きをするかどうか聞いてくれてキャンセルも可能なので、同じ無料なら一年使えるセルフプランの方がお得で断然おすすめ。

こんな人に向いています
  • インターネットが使える方
  • クレジットカードや銀行明細の記入は自動でやってほしい方
  • バックアップや最新版へのアップデートを気にしたくない方
  • Macを使っている方
やよいの青色申告 オンライン公式サイトを見る

一番売れている会計ソフト「やよいの青色申告」を無料で体験してみませんか

こんな人に向いています
  • インターネットに詳しくない方
  • 個人事業主(フリーランス)の方
  • 簿記や会計に全く詳しくなくて不安な方
  • 税理士に頼まなくても安心して確定申告したい方
  • 手書きや表計算ソフトでの青色申告に疲れている方
  • 常に最新版が使えなくてもいいという方
やよいの青色申告なら簿記の知識は不要!
貸方・借方なんて覚えなくても簡単入力で自動的に帳簿が完成します。
数学も簿記も苦手というより、全然わからなかった私でも、このソフトのおかげでなんとか青色申告を続けていられます。またソフト型は昔からあるので、参考になる本や情報サイトも豊富なので、自力で解決できることも多いです。

ダウンロードは無料!

まずはお試し!弥生シリーズ無料体験版ダウンロードはこちら

自分でやる時間がないので、いい税理士さんを探している方へ

全国の税理士探しを無料でサポートしてくれるのが「税理士ドットコム」です。
もちろん紹介料はゼロ円。
運営会社はマザーズに上場している「弁護士ドットコム」!!すでに税理士を使っていて、「税理士ドットコム」を利用したユーザーのうち、約70%のユーザーが顧問報酬の引き下げに成功しています。もちろん初めてまかせたい人もここなら安心。

こんな人に向いています

  • 多忙で自分ではできないけれど、未申告の年度がある方
  • マイナンバー制度が始まって、副業が会社にばれやしないかひやひやしている方
  • 自分で申告をしているが税理士にまかせたいな、と思っている方
  • 節税をしたいけれど、税金・会計が良くわからない方
税理士ドットコムで最適な税理士選びを!!

関連記事

私が実際に青色申告を始める時に使ったもの

   

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > 必要経費にできるもの > 自宅兼事務所でも地代家賃を経費にすることはできる

使用ソフト
>>初年度無償キャンペーン中!公式サイトはこちら→やよいの青色申告 オンライン
参考にした本
スポンサードリンク

Return to page top