Home > 必要経費にできるもの > 水道光熱費や家賃は根拠に基づいた「家事按分」をしよう

水道光熱費や家賃は根拠に基づいた「家事按分」をしよう

青色申告のメリットの一つとして
「家事関連費」が認められやすい、というのがあります。

家事関連費とは

生活費と事業費が混在して請求されるものを
家事関連費といいます。

例えば、自宅兼事務所、自宅兼店舗など事業でも使用している場合、
家賃や水道代、電気代、ガス代、電話料金、プロバイダ料金、携帯代、
インターネット接続代などがあげられます。

全額経費にすることはできませんが、
事業として使用している分だけは経費として請求することができます。

これを「家事按分」といいます。

按分比率とは

家事按分については、この科目については◯%と決まっているわけではなく
個人事業主それぞれが自分で決めていいとされています。
ただしこの按分率(仕事で使用する割合)には必ず根拠がなくてはいけません。
税務署に問いただされた時に、
全部で◯◯㎡ある内の◯◯㎡を使用しているから、とか
コンセントの数とか、
使用時間、使用日数など
理由がきちんと説明できる按分率にする必要があります。

事業で使用している部分が50%以上か、以下でも明確に区分できれば必要経費にできる

ちなみに国税庁のサイトでは以下のように家事関連費について記載されています。

令第96条第1号に規定する「主たる部分が不動産所得、事業所得、山林所得又は雑所得を生ずべき業務の遂行上必要」であるかどうかは、その支出する金額のうち当該業務の遂行上必要な部分が50%を超えるかどうかにより判定するものとする。ただし、当該必要な部分の金額が50%以下であっても、その必要である部分を明らかに区分することができる場合には、当該必要である部分に相当する金額を必要経費に算入して差し支えない。

〔家事関連費(第1号関係)〕|通達目次 / 所得税基本通達|国税庁

要するに、経費かどうかは業務上必要な部分が50%以上かどうかで判定する。
ただし、必要な部分が50%以下でも、明らかにここは業務で使用していると分けられる場合は
経費にしてもよい、ということです。

白色申告でも家事関連費を按分して経費にできるのですが、
その50%以上が事業用として占めていることが原則になっています。

地代家賃の場合

こちらのページに詳しく書きました。
自宅兼事務所でも地代家賃を経費にすることはできる

水道光熱費の場合

電気料金については、床面積、コンセント数、電球の数などで按分します。
部屋代の按分率に近い方がいいでしょう。
水道代やガス代については使用した時間や回数などで決めますが、
自宅で事業でそれほど使うわけではないのなら計上しない方が安心かも。
私は電気代のみ按分して、水道代やガス代については計上していません。

通信費の場合

電話料金、インターネット料金(通信費)なども按分できます。
電話料金については、通話明細を取り寄せたり、
ネット料金については使用日数や時間が基準となります。
ただし、ブロガーやアフィリエイター、ウェブ関係のお仕事ですと業務上必須なので
高めでも問題ないでしょう。

車両運搬費の場合

→こちらのページに詳しく書きました。

やよいの青色申告で家事按分する方法

Kajianbun

まず、「決算・申告」タブをクリックし「家事按分」を開きます。

Hurikae 1

ここに、勘定科目、補助科目、そして事業割合と家事割合を入力します。
そうすると、ここで指定された勘定科目(補助科目)については最終的に合算されます。
※補助科目については既に登録済みとします。
補助科目の設定方法についてはこちら→【記帳編】(5) 預金出納帳〜勘定項目を設定する〜

事業用口座から引き落としされた場合

Yokinsuitou 1

預金出納帳に上記のように入力します。(例えば12,000円だったとします)

Shiwake

そうすれば最終的に、「家事按分」を開くとその年の合計金額などが出ているので
決算時に、「仕分け書き出し」をすれば自動的に按分されて
事業で使用した経費が算出されます。

SHIWAKE 1

「仕訳日記帳」にはこのように記載されます。
事業用口座から家庭用の電気代も払っていることから
電気代の按分率が事業割合25%、家事割合75%だったとすると
12,000円のうち9,000円が家事分なので
[事業主貸]として記載されます。

生活費口座から引き落としされた場合

Furikaedenpyou 1

生活費口座から水道光熱費や家賃が引き落とされる場合は
振替伝票を使います。
【振替伝票】個人口座から家賃や電気代などを銀行振込みした場合

この場合、貸方勘定科目は生活費口座から借りていることになるので「事業主借」になります。
これを登録。

Shiwakenikkichou

「仕訳日記帳」にはこのように記載されます。
生活費口座から事業用と家庭用の電気代も払っているので、
電気代の按分率が事業割合25%、家事割合75%だったとすると
12,000円のうち9,000円が家事分なので
[事業主貸]として記載されます。

青色申告決算書(一般用)を開いてみると…

Suidoukounetsuhi

ちゃんと水道光熱費は、事業割合25%の3,000円になっていますね。

簡単操作で楽ちん!バックアップもおまかせ「やよいの青色申告オンライン」を使ってみませんか

今から始めるなら、ソフトインストール型ではなく、インターネットさえ使えればどこでも利用できるオンライン版「やよいの青色申告」がおすすめ。こちらはMacでもWindowsでも使え、クレジットカードや銀行明細を自動で取り込んでくれるので、本当に楽ちん。

画面操作も初心者向けになっていますし、自動バックアップもとってくれるので安心して使えます。

2017年3月16日のお申込み分までキャンペーン実施中!!

  • 無料プラン <2ヶ月無料>←青色申告決算書/確定申告書Bの作成ができない
  • ◎人気◎セルフプラン <8,640円→初年度0円!>←青色申告決算書/確定申告書Bの作成ができる
  • ◎おすすめ◎ベーシックプラン <12,960円→初年度半額!>←青色申告決算書/確定申告書Bの作成ができる/電話・メールサポートあり
無料プランは2ヶ月無料ですが、大事な決算書や確定申告書Bの作成ができません。セルフプランは、現在初年度無償キャンペーン中なので、一年間はすべての機能が使える上に0円!次年度更新時には、更新手続きをするかどうか聞いてくれてキャンセルも可能なので、同じ無料なら一年使えるセルフプランの方がお得で断然おすすめ。

こんな人に向いています
  • インターネットが使える方
  • クレジットカードや銀行明細の記入は自動でやってほしい方
  • バックアップや最新版へのアップデートを気にしたくない方
  • Macを使っている方
やよいの青色申告 オンライン公式サイトを見る

一番売れている会計ソフト「やよいの青色申告」を無料で体験してみませんか

こんな人に向いています
  • インターネットに詳しくない方
  • 個人事業主(フリーランス)の方
  • 簿記や会計に全く詳しくなくて不安な方
  • 税理士に頼まなくても安心して確定申告したい方
  • 手書きや表計算ソフトでの青色申告に疲れている方
  • 常に最新版が使えなくてもいいという方
やよいの青色申告なら簿記の知識は不要!
貸方・借方なんて覚えなくても簡単入力で自動的に帳簿が完成します。
数学も簿記も苦手というより、全然わからなかった私でも、このソフトのおかげでなんとか青色申告を続けていられます。またソフト型は昔からあるので、参考になる本や情報サイトも豊富なので、自力で解決できることも多いです。

ダウンロードは無料!

まずはお試し!弥生シリーズ無料体験版ダウンロードはこちら

自分でやる時間がないので、いい税理士さんを探している方へ

全国の税理士探しを無料でサポートしてくれるのが「税理士ドットコム」です。
もちろん紹介料はゼロ円。
運営会社はマザーズに上場している「弁護士ドットコム」!!すでに税理士を使っていて、「税理士ドットコム」を利用したユーザーのうち、約70%のユーザーが顧問報酬の引き下げに成功しています。もちろん初めてまかせたい人もここなら安心。

こんな人に向いています

  • 多忙で自分ではできないけれど、未申告の年度がある方
  • マイナンバー制度が始まって、副業が会社にばれやしないかひやひやしている方
  • 自分で申告をしているが税理士にまかせたいな、と思っている方
  • 節税をしたいけれど、税金・会計が良くわからない方
税理士ドットコムで最適な税理士選びを!!

関連記事

私が実際に青色申告を始める時に使ったもの

   

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > 必要経費にできるもの > 水道光熱費や家賃は根拠に基づいた「家事按分」をしよう

使用ソフト
>>初年度無償キャンペーン中!公式サイトはこちら→やよいの青色申告 オンライン
参考にした本
スポンサードリンク

Return to page top