Home > 税金と扶養について > 個人事業主が国に払わないといけない6種のお金

個人事業主が国に払わないといけない6種のお金

個人事業主(フリーランス)でも、会社員でも
働いて報酬を得たらその所得に応じた「所得税」や、
居住地に払う「住民税」、そして病気になった時のための「健康保険料」、
さらには老後の暮らしのための「国民年金」などを払わないといけません。

会社員やアルバイト・パートの人は基本的に会社が代行してくれており
毎月の給与から天引きされています。
天引きは多めに計算されているので取り過ぎた分を年末の「年末調整」によって
還付してくれるというシステムになっていますが
個人事業主(フリーランス)の場合は全部自分でする必要があります。

会社員と個人事業主とで比較してみました

 
会社員
個人事業主
所得税給与から天引き
(月ごと)
源泉徴収で10%天引き
住民税給与から天引き
5月頃届く納付書で払う
保険料給与から天引き
(社会保険料)
7月頃届く納付書で払う
(国民健康保険)
年金会社と折半して天引き
(厚生年金)
4月頃届く納付書で払う
(国民年金)
消費税払う必要なし課税売上1,000万円以下なら消費税の申告は免除される
事業税払う必要なし所得が290万以上かかると支払う義務あり
個人事業税について
還付年末調整
(会社がしてくれる)
確定申告
(本人がする)

所得税とは

所得税とは、売上ー経費=所得にかかる税金のことです。

サラリーマンは月々給与からの天引きで払っていますが、
個人事業主の場合は、基本的に所得税は報酬を支払った側が
先に報酬の10%を「源泉徴収」という形で先払いしてくれているので、
確定申告で実際の所得を申告し、本来支払うべきだった所得税を決定します。

払い過ぎだった分は戻ってきますし、
不足していたら納付しないといけません。

住民税とは

都道府県民税と市町村民税をあわせたもので、
その区域内に住所がある個人と法人に課せられる税金のことです。
住民税は「前年の所得」に対して課税されるので、
前年が非常に利益があったけれど、
次年度はほとんど収入がなかったとしても
前年の基準で課税された高額の住民税を払わないといけない、となるので
注意が必要です。

健康保険料とは

サラリーマンの場合は、給与から天引きされますが
個人事業主は前年の所得に応じて国民健康保険料を払います。

国民年金と厚生年金とは

日本に住んでいる20歳以上60歳未満の国民が必ず加入しなくてはいけない公的年金です。
現在では65歳から老齢基礎年金として給付されます。
厚生年金は、民間企業に努めているサラリーマンなどが加入する公的年金の一つで、
大きな特徴としては会社が半額支払ってくれるというもの。
(公務員などは共済組合に入ります)

消費税とは

消費税は、商品やサービスを販売した際に、消費者や取引先から「代わりに」預かって
後で納付するものです。

ですが、2年前の課税売上高が1,000万円以下の事業者は、消費税をおさめなくてもよい「免税事業者」として認められます。

サラリーマンの場合、雇用契約に基づく役務の提供に関しては
課税対象外取引なので消費税はかかりません。

事業税とは

個人事業主の場合、年間の所得(売上から経費をひいた額)が290万円以上ある場合、
事業税がかかってきます。
詳しくは【開業編】(2) 個人事業税についてで。

還付とは

サラリーマンであれば各種税金や年金は給与天引きされますが、
年に一度「年末調整」が行われ、還付金として払い過ぎた分が戻ってきます。
個人事業主は、「確定申告」を行うことで自分の所得を申請し、
所得税の還付や、納付する住民税や国民健康保険料が算出されます。

ちなみに還付申告は5年にさかのぼってすることが可能です。
No.2035 還付申告ができる期間と提出先|所得税|国税庁

簡単操作で楽ちん!バックアップもおまかせ「やよいの青色申告オンライン」を使ってみませんか

今から始めるなら、ソフトインストール型ではなく、インターネットさえ使えればどこでも利用できるオンライン版「やよいの青色申告」がおすすめ。こちらはMacでもWindowsでも使え、クレジットカードや銀行明細を自動で取り込んでくれるので、本当に楽ちん。

画面操作も初心者向けになっていますし、自動バックアップもとってくれるので安心して使えます。

2018年3月15日のお申込み分までキャンペーン実施中!!

  • 無料プラン <2ヶ月無料>←青色申告決算書/確定申告書Bの作成ができない
  • ◎人気◎セルフプラン <8,640円→初年度0円!>←青色申告決算書/確定申告書Bの作成ができる
  • ◎おすすめ◎ベーシックプラン <12,960円→初年度半額6,480円!>←青色申告決算書/確定申告書Bの作成ができる/電話・メールサポートあり
無料プランは2ヶ月無料ですが、大事な決算書や確定申告書Bの作成ができません。セルフプランは、現在初年度無償キャンペーン中なので、一年間はすべての機能が使える上に0円!次年度更新時には、更新手続きをするかどうか聞いてくれてキャンセルも可能なので、同じ無料なら一年使えるセルフプランの方がお得で断然おすすめ。

こんな人に向いています
  • インターネットが使える方
  • クレジットカードや銀行明細の記入は自動でやってほしい方
  • バックアップや最新版へのアップデートを気にしたくない方
  • Macを使っている方
やよいの青色申告 オンライン公式サイトを見る

一番売れている会計ソフト「やよいの青色申告」を無料で体験してみませんか

こんな人に向いています
  • インターネットに詳しくない方
  • 個人事業主(フリーランス)の方
  • 簿記や会計に全く詳しくなくて不安な方
  • 税理士に頼まなくても安心して確定申告したい方
  • 手書きや表計算ソフトでの青色申告に疲れている方
  • 常に最新版が使えなくてもいいという方
やよいの青色申告なら簿記の知識は不要!
貸方・借方なんて覚えなくても簡単入力で自動的に帳簿が完成します。
数学も簿記も苦手というより、全然わからなかった私でも、このソフトのおかげでなんとか青色申告を続けていられます。またソフト型は昔からあるので、参考になる本や情報サイトも豊富なので、自力で解決できることも多いです。

ダウンロードは無料!

まずはお試し!弥生シリーズ無料体験版ダウンロードはこちら

自分でやる時間がないので、いい税理士さんを探している方へ

全国の税理士探しを無料でサポートしてくれるのが「税理士ドットコム」です。
もちろん紹介料はゼロ円。
運営会社はマザーズに上場している「弁護士ドットコム」!!すでに税理士を使っていて、「税理士ドットコム」を利用したユーザーのうち、約70%のユーザーが顧問報酬の引き下げに成功しています。もちろん初めてまかせたい人もここなら安心。

こんな人に向いています

  • 多忙で自分ではできないけれど、未申告の年度がある方
  • マイナンバー制度が始まって、副業が会社にばれやしないかひやひやしている方
  • 自分で申告をしているが税理士にまかせたいな、と思っている方
  • 節税をしたいけれど、税金・会計が良くわからない方
税理士ドットコムで最適な税理士選びを!!

関連記事

私が実際に青色申告を始める時に使ったもの

   

Home > 税金と扶養について > 個人事業主が国に払わないといけない6種のお金

使用ソフト
>>初年度無償キャンペーン中!公式サイトはこちら→やよいの青色申告 オンライン
参考にした本
スポンサードリンク

Return to page top